御岳山


mm_view_re01_576

御岳山に行ってきました!
リフトあたりには以前も行ったことがあるのに記憶が薄いので、今回は確認も兼ねて。

まず行ってみての御岳山の魅力は、東京都都内(青梅市)ということ。大がかりな旅じたくとまではいかないので、気軽に自然、緑満載の環境に行けるということです。とは言え、山なのでそれなりの装備を準備さえできていれば、「あ、明日御岳山に行ってこよう。」という感覚でも行けるなと思いました。

今回は、じっくりではなく御岳山の全体を広く浅くみたかったので、昼食を長尾平、夕方に帰宅という予定だけポイントとして行ってきました。

mm_jinja_re01そのために一番奥の綾広の滝を通って、ぐるっと回るにはバスやケーブルカーを利用するのがベストでした。

魅力満載の御岳山ですが見どころも多く、パワースポットでもある武蔵御嶽神社をはじめ、滝や巨大な岩や、杉の木などが丁度休憩したくなるところにあって、飽きることなくコースを回れました。

御岳山のうれしいポイントは頂上を目指す登山とは違い、トレッキングができるので、自分のペースで写真を撮ったり、楽しみながら山道を歩けます。

因みに、「えっ!これ登るの?」という所も程良い感じであって、女性でも楽しめます(山ガールも山ドッグ、外国の方も多かった)。

mm_nagaodaira_re01_300予定どおり長尾平で昼食をとった後、「いよいろ山道に!」と進む前にどちらから行くか分岐点があります。迷ったのですが、時計回りということで左の「七代の滝」を目指す方へ行きました。こちらは、岩や木の根の段差が多く続く下りなので、ゆっくりやさしく降りて行かないと膝に負担がかかりました。

かたやさっきの分岐点で右に行った場合、前半は緩やかな坂道を降りるようですが、疲れてきた後半に段差のある道を登ることになるので好みが分かれるところです。

mm_taki_re03そして下の方から水の音が近づいて「七代の滝」に到着。

ここはマイナスイオンが豊富という感じで、多くの人がゆっくり休みをとっていました。

そして「天狗岩」や「綾広の滝」をみたりして途中、鳥のさえずりを録音したり、川の様子を撮影したりしながら「天狗の腰掛杉」をみて、もとの御嶽神社のそばを通りケーブル乗り場へ戻りました。

2時間程歩いたようですが、あっという間という印象でした。

mm_rockgarden_re02_576

ということで個人的にはロックガーデンのエリアが面白かったです。雪が残っていたり、鳥のさえずりや川のせせらぎの音、独特のひんやり感と澄んだ空気、程良い日差し…などなど贅沢なひと時でした。今度はロックガーデン目当てで来たいと思いました。

天気も気候もよく、穏やかな日でいい運動にもなり充実した日でした。
パワースポットに来たことだし、これを曲作りに活かしたい今日この頃です。
 

関連記事

  • 生命と生命と 毎年行く沼へ。 行くたびに水質が悪くなってるようだが、コイ、おたまじゃくし、亀、かもなどいろいろな生き物ががんばって生きている。 ショウリョウバッタやカマキリにも出会った。 お盆であり、戦争を考える時期でもあるが […]
  • ad-lib アドリブad-lib アドリブ 最近はハトを撮ることにハマっています。 地上では「イライラしないのかな?」と思うくらいゆっくりのハトも、ひとたび飛び立つと別の生き物のように鋭い印象に変わります。 「自分の頭にクチバシから突っ込まれたら、穴あきそう」と思いながら、 […]
  • 叩け叩け こするのではなく、叩くように汗をぬぐう。 きちんと夏を満喫し、吸収消化すること…が、最近の目標。 あと而今。 […]
  • イチョウの木イチョウの木 写真は以前からよく見かけているイチョウの木です。 このブログでも何回か登場していて、夏は涼しい木陰を作ってくれて、秋は綺麗な黄色の葉をひらひらと地面に敷きつめてくれます。 しかし今は…。   理由とか事情 […]
  • Soundcloud ファイルのアップロード方法Soundcloud ファイルのアップロード方法 自分の音源をアップロードできて、音源の共有も可能な音楽共有クラウドサービス「SoundCloud」サウンドクラウド。プロモーション・ツールとしての機能が大きな魅力で膨大な数のユーザーに支持されています。 音声ファイルをアップロードす […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>