Morris モーリス MD201N ギター 楽器について その1


MorrisモーリスMD201Nアコースティックギターのイメージ

Morris モーリス MD201N アコースティックギター

仕様はこちらのページをご覧ください。

一般的にも馴染みのあるMorris モーリスのドレッドノート。

楽器店で購入したときは、MD201Nと別の(詳しく覚えてないが)アコースティックギターと比較しました。別のギターの方は高域がかなり目立ち、音がキラキラして自分にはちょっとキレイ過ぎたので、MD201N の昔から聴いていたような馴染みのある音に惚れて即決で購入しました。

MorrisモーリスMD201Nアコースティックギターのイメージ

音色についてはサスティン・ポイントが高く、芯のあるしっかりした印象。一音下げチューニングで使用していることとボディの大きさからいうと、中低域の成分が多いので生音での演奏では深みのある最適な音になっています。

録音・編集時は低域をざっくりカットして、高域は少しあげればヌケた味のある音になり、コンプをかければバッチリです。ずっと弾いていたくなります。※個人的な見解まで。

MorrisモーリスMD201Nアコースティックギターのイメージ音量については、指弾きの場合は丁度耳ざわりのいい大きさです。ピックでのコード弾きの場合はかなり大きな音が出ます。アコギ一本の街頭演奏にはピッタリという感じ。

強いてこのギターの弱点をあげるなら、自分だけかもしれないが、弦のゲージが細いとチューニングがあやしくなる気がします。が、これは太いゲージの弦を張ることで解消できます。

MorrisモーリスMD201Nアコースティックギターのイメージ【 MD201Nについてまとめ 】

・しっかりした低域

・太い印象の音色

・音量ばっちり

この男気の強いMD201Nの特性が曲の雰囲気に合った場合、最高のギターパフォーマンスを発揮すると思います。そして上記のイメージだけに限定してしまうと何事も広がっていかないので、最近は指弾きで繊細な方向性も模索開拓しています。

 

MD201Nのアコギとリズムだけですが、もしよければ。 ※音量ご注意

使用楽器:MorrisモーリスMD201Nアコースティックギター 2本 ステレオ

EQ:Low 180Hz -18.0dB High 10000Hz 1.0dB

Reverb:MIX 20%

Compressor

ということで、このギターがあれば満足の一本!の『モーリスMD201N』でした。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>